HOME > イベントマネジメントセミナー > 展示会関連セミナー 展示会ブースデザインとその評価 2006年

展示会関連セミナー 展示会ブースデザインとその評価 2006年



展示会関連セミナーのご案内

景気回復傾向が徐々にみられるこの時期、この秋に開催される「CEATEC JAPAN」や「WPC」などの先端系の大型展示会の場で、企業が社会にどのようなカタチでコミュニケーションを持とうとするのか興味深いところです。さらに大幅リニューアルをして来年秋に開催される「東京モーターショー」についても同様に大きな期待があります。
このような背景のなかで、展示会ブースデザインのあり方やその評価の仕方について、具体的に事例を紹介し、今後の展示会関連業務に携わる方々に参考にしていただき、展示会業務全般の底上げにつながればとの考えから、このセミナーは企画されました。
展示会業務に関る多くの方のご参加をお待ちします。

テーマ  展示会ブースデザインとその評価 2006年
日時 

2006年7月24日(月)、午後1時15分~5時(予定)

場所 日本カメラ財団JCIIビル6階会議室
※地下鉄半蔵門線「半蔵門駅」下車
地図はこちらからご覧下さい⇒http://www.jcii-cameramuseum.jp/
内容 ①事例紹介 東京モーターショー/ホンダブース
講師:(有)オリジナルデザイン 代表 岡村 亨仁郎氏
■岡村氏は東京モーターショーの「ホンダブース」デザインを担当されています。この日本最大級のイベントにおいて、競合他社ひしめく中で、その企業コンセプト、商品コンセプトをどのようにブースデザインに結実させたのか、その過程を紹介していただきます。
 
②事例紹介 イベント効果測定システムD.E.E.M.について
講師:㈱電通 アカウント・プランニング・ソリューション局イベントプランニング部長 栗原 毅氏
■D.E.E.M.=Dentsu Event Essentials Managementは体験型メディアでもあるイベントの効果を来場者のパーセプション変化を基準に、精緻に説明するものです。来場者の行動と心理変容を探り、量・質の側面から、事後のアカウント・プランニングを支援する手段となります。
 この数年に渡り大型展示会で実際にこのシステムによりデータを蓄積されてきた結果の一端を紹介していただきます。

③事例紹介 ブースデザインについての発表を予定しております。

募集人数 先着70名 (お早めにお申し込みください。)
参加者 広告代理店、ディスプレイ会社、制作会社等の展示会イベント業務に関る方々を中心とします。
参加費 一般 1万2千円、JACE会員・イベント業務管理者 1万円    
 (当日、会場でお願い致します)
企画 一般社団法人日本イベント産業振興協会
株式会社インタークロス・コミュニケーションズ
企画協力 株式会社インタークロス研究所
問合せ 一般社団法人日本イベント産業振興協会

03-3238-7821(担当:岡田,小坂)
株式会社インタークロス・コミュニケーションズ
03-5820-7161(担当:水島)
申込 こちらの申込書に必要事項を記入してください。
(業務管理者の方は登録番号を記入ください。)