HOME > ニュース/ > JACE新春賀詞交歓会2018の開催

JACE新春賀詞交歓会2018の開催

1月23日(火)都内のホテルグランドアーク半蔵門にて“イベントビジネスが日本の明日を
拓く”と謳った賀詞交歓会を開催。経済産業省、日本商工会議所、イベント関連団体、
広告関連団体、マスコミ各社等から多数の来賓を迎え、総数210名のご参集のもと盛大に執り行われました。今年も会のオープニングで観世流を代表する能楽師・観世芳伸氏による能楽『羽衣』が披露され、新春に相応しい荘厳な幕開けとなりました。
主催者のJACE会長・成田純治は、2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック、2021年関西ワールドマスターズゲームズと、ワールドイベントを控えてイベント産業は益々活況を呈すること。
また初代JACE会長・盛田昭夫ソニー会長様の『イベントとは国際間の壁を超えるコモンランゲージである。』との言葉を引用し、イベントは人種や宗教を超えて多様な人間同士が絆を創る平和に資する産業であると挨拶した。
ご来賓の経済産業省 商務・サービスグループ クールジャパン政策課長 清水幹治様は、我が国経済が堅調に推移し、訪日外国人も6,000万人が射程に入った中、人と人をつないで新たな価値を生むイベントの貢献への期待を述べられました。
続いて日本商工会議所顧問・公益財団法人全国中小企業取引振興協会会長の中村利雄様は、JACEイベントアワードの審査委員長の立場から、エントリー作品の質・量の向上や社会・地域への貢献を実感させるイベントの増加を評価され、今後にアワードが国際的なものに拡大・発展することへの期待を述べられ、乾杯のご発声により賑やかな会が始まりました。
会の中ほどでの新入会員ご紹介では、各社代表者のユニークなアピールや力強いコメントが続き、満場の歓迎拍手が起こりました。会場を埋めた多数の参加者同士の賀詞交換とビジネス人脈づくりの歓談が時間一杯まで繰り広げられ、イベントビジネスの活性を強く予感させる会となりました。

JACE 成田会長 挨拶 経済産業省 清水課長 ご挨拶 日本商工会議所 中村顧問 ご挨拶

会場風景

新入会員紹介でのご挨拶
(左より)㈱ソニー・ニュージックコミュニケーションズ・会津様
(右)㈱メトロアドエージェンシー・肥後様

写真提供:株式会社MICE研究所

【 お問合せ先 】
一般社団法人日本イベント産業振興協会
総務本部 白枝
TEL 03-3238-7821 E-mail:pr@jace.or.jp