HOME > ニュース > MICE評議会

MICE評議会

■ MICE推進評議会開催

 昨年の12月17日(木)国土交通省共用大会議室にて 「第一回 MICE推進協議会」が開催されました。

 

 ■ 「JAPAN MICE YEAR」

 ・観光庁では、2010年を‘Japan MICE Year’(JMY)と設定し、日本のMICE施策推進のため、各種取組みを集中して実施します。

 ・MICE とは: 下記の①~④の頭文字のことです。

   ①企業等の会議 (Meeting)

   ②企業の行う報奨・研修旅行〔インセンティブ旅行〕 (Incentive(Travel))

   ③国際会議 (Convention)

   ④イベント、展示会・見本市(Event/Exhibition) 

  観光庁リリース

 

■ 今後の取組み

 ・具体的には下記の(1)~(3)のことを実施するとのことです。

 (1) 海外向け事業

  我が国がMICEの開催適地であることを海外にアピールするために、観光庁等によりMICE関連の国際見本市・展示会への出展、

  専門誌への広告掲載等の各種プロモーションを重点的に実施します。

 (2) 国内向け事業

  国内的にまだ浸透しているとは言い難いMICEの意義等について、広く国民に啓発します。

  また、MICEに関する人材育成事業の拡充や、国内会議の国際化、MICEに関する各種調査などを実施します。

 (3) JMYロゴ・キャッチコピーの設定

  対外的に日本がJMYとして重点的にMICE施策に取り組むことをアピールするため、

  また国内MICE関係者が一体として取り組んでいることを示すため、JMYに関するロゴ及びキャッチフレーズを設定し、

  関係者に広く使って頂くとのことです。

  japanmice_logo_mini_a.jpg

■ MICE推進評議会とは?

 ・MICE関係者間の情報・課題の共有、意識の醸成、「MICEアクションプラン」の進捗を管理するべく、

  広くMICE関係者を集めた「MICE推進協議会」を設置、その第一回として、第1回を12月17日14時より開催しました。

 ・参加メンバーは、、MICEに関連する団体が集結、また、観光庁からだけではなく、経済産業省からも出席、

 さらに多数のオブザーバーが出席し、まさにMICEイヤーのスタートにふさわしい陣容でした。

ph2.JPG

■  評議会の進行

 ・国土交通大臣藤本政務官の開会あいさつにはじまり、大滝観光庁参事官による協議会開催趣旨、MICE推進アクションプランの説明、

  そしてJAPAN MICE YEARの実施についてご説明がありました。

 ・その後、協議会メンバーによる意見をそれぞれ表明しました。当協会からは中村会長の代理として、木村専務理事が出席。

 「MICEを推進していくには、人材教育が必要。それぞれの分野での人材教育について意見交換する場が必要」と提案致しました。

ph1.JPG

■ 当協会の取組み

 ・当協会は、MICEのEの部分にあたるわけですが、、イベントの市場規模、その詳細についてはさらに精査しないと、

 MICE市場規模自体もわかりにくい状況にあります。この点では実施すべき点があると考えられます。

 ・自然や文化財など、これから新しいものを作り出すことが難しいものではなく、イベントはそれらと比較すると短期間に実現できるという点では、

  最も取組みやすい分野であると考えられます。

■ 会報誌にて大滝参事官のインタビュー掲載!  

 ・この2月に発行予定の当協会会報誌「クリエイティブ イベント 162号」におきまして、MICEについて、観光庁、大滝参事官のインタビューを

  掲載予定です。どうぞお楽しみに!!

 ・当協会においても、MIICEの活動に貢献すべく、様々な面で協力をしていく所存です。