HOME > ニュース > JAM2007開催される

JAM2007開催される

去る10月4日(木)~7日(日)の4間、秋葉原UDXのAKIBA_SUQUAREにおいて、「JAM2007」(Japan Animation Contents Meeting 2007)が開催されました。経済産業省が主催するこのイベントに、JACEでは特別協力の形で参加。初日のオープニングセレモニーでは、経済産業副大臣中野正志をお招きし、当協会の木村専務理事もテープカットに列席しました。会場には、エンターテインメント産業のトップ企業からベンチャー企業や学生など、43の企業や団体が出展し、アニメを核にした新たなビジネスモデルを提案する数多くのコンテンツやアイデアを展示。また、開催期間中にはトークショーやシンポジウム、上映会なども開催され、アニメを取り巻く市場拡大の可能性が模索されていました。

この「JAM2007」は、今秋に国内で開催されている「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」(CoFesta、コ・フェスタ)の一つとして開催されたイベント。9月19日(水)東京国際フォーラムで行われたグランドオープニングセレモニーを幕開けに、ゲーム、アニメ、マンガ・キャラクター、音楽、放送、映画といったコンテンツ産業に関わる各種イベントを連携して開催。およそ40日間にわたり、18のオフィシャルイベントと全国11箇所でのパートナーイベントが開催される、世界最大規模の統合的コンテンツフェスティバルです。このフェスティバルを通じ、日本発の多彩なコンテンツが相互に影響しあいながら連携し、新たな可能性を創造すると共に、国内はもとより広く海外へのアピールを目指していきます。




当協会の木村専務理事もテープカットに列席しました。(写真中央)