2006日本イベント大賞
制作賞受賞作品


受賞者

イベント名称


松浦眞司 (日本たまごかけごはん楽会)

第1回 日本たまごかけごはんシンポジウム

応募者のプロフィール

松江市の広告代理店を経て独立。現在「経営品質協議会認定アセッサー」としてコンサルティング中心で活動。他に広告・企画も取り扱う。日本人特有のメニューと言える程の「たまごかけごはん」に着目し、日本人にとってかけがえがない、「米・卵・醤油」を見直すことによって、日本人であることの喜びを改めて感じる事が出来る

受賞理由
米、醤油、たまごという地域資源にこだわり、シンプルな日本人の心のメニューを活用して大きな反響を呼ぶ楽しいイベントに仕上げた。たまごかけごはん専用醤油の開発、販売増など、地域経済の活性化にも貢献し、過疎の小さな村からでも日本中に情報発信できるというイベントの力・楽しさを証明した。


応募作品・動画
←戻る